かめきち

社協って?

社会福祉協議会(略称:社協)って?

 社会福祉法第109条に基づき、地域福祉の推進を図ることを目的に組織されている非営利の民間団体で、全国の都道府県や市区町村に一つずつ設立されています。 地域福祉とは「地域住民が主体になり、その知恵や資金を出し合い協力しあって、誰もが住みやすいまちづくりを目指すこと」といえるでしょう。
 そのために、住民のみなさんと一緒に考え、応援し、手助けしているのが、社協です。 また、地域で支援を必要とされる方々への相談援助やサービス提供を行い、地域福祉の推進を総合的に図っていくことも目的としています。

歴史と成り立ち

 戦後間もなく、民間の社会福祉活動を進めるため全国と都道府県に誕生し、昭和26年に全ての市区町村にも設立されました。 「赤い羽根共同募金」を有効に地域で活用するための団体でもあり、福祉の普及・啓発・在宅福祉活動などに取り組んできました。
 社協は、地域の問題をみんなの問題として考え、話し合い計画を立て解決にあたります。 そのために地域住民、社会福祉関係者の参加・協力を得て活動することが大きな特徴で、「民間組織としての自主性」と「多くの住民や団体に支えられた公共性」という2つの性格を持っています。
 また、平成12年の社会福祉法の制定に伴い「地域福祉を推進するための団体」と明示され、地域福祉推進の中心として位置づけられました。

鶴見区社協の沿革
1951(昭和26)年鶴見区社会福祉協議会 結成
1966(昭和41)年善意銀行設置
1993(平成 5)年社会福祉法人格を取得
1999(平成11)年福祉保健活動拠点 開所
2000(平成12)年 外出支援サービス 開始
2002(平成14)年あんしんセンター 開始
2005(平成17)年第1期鶴見区地域福祉保健計画 策定
2010(平成22)年 第2期鶴見区地域福祉保健計画 策定

構成・会員

幅広い層の区民のみなさんが会員として社協の事業に参画しています。会員は、第1種から9種に分かれ、4つの部会のいずれかに所属します。 各部会から選出された理事と評議員が運営に携わっています。会長・副会長は理事の中から選任されます。

区社協組織図(PDF)

部会の名称構成内訳
地域福祉団体部会民生委員児童委員
地区社会福祉協議会
自治連合会
ボランティア - 市民活動団体
当事者団体部会障害福祉・高齢者福祉・児童福祉当事者団体
専門団体部会高齢者施設
障害者施設
児童施設
専門機関
福祉関係団体
行政機関
学議経験者部会学議経験者

社協の会員について

正会員になるには?

 地域で福祉保健活動を実践されている団体のみなさん。他の団体と情報交換をしたり、ネットワークを作り、鶴見区の福祉の街づくりに参加しませんか? 入会には、理事会の承認が必要となります。まずは、区社協事務局までご連絡ください。

入会案内(PDF)

入会申込書(PDF)

年会費は?

 公私社会福祉事業施設は10,000円、その他の団体は5,000円です。毎年6月頃請求させて頂きます。

正会員になると?

  • ・助成金の中に、会員優遇枠があります
  • ・分科会に参加し、情報交換ができます
  • ・広報誌「福祉つるみ」に優先的に記事掲載できます
  • ・区社協ホームページ「NEWS」コーナーに情報掲載したり、団体ホームページのリンクを貼ることができます

会員の手引き(PDF)

変更届け(PDF)

退会届け(PDF)

※賛助会員も募集中!
社協の活動に賛同し、支援してくださる個人・団体も募集しています。
詳しくは、区社協事務局、地区社協までお問い合わせください。

財源

区民のみなさんからの資金協力を受けながら、社協は活動しています。主な財源は次のとおりです。

  • ・正会員、賛助会員からの会費
  • ・横浜市社協からの補助金
  • ・赤い羽根共同募金
  • ・年末たすけあい募金の配分金
  • ・区民の皆さまからのご寄付
  • ・行政からの補助金・委託料